リップティントの落とし方は〇〇!唇ケアでぷるるんきれいに!

こんにちは!Lunaです。

前回の記事でリップティントは本当に落ちにくい!というお話をしました。

詳しいお話はこちらを読んでみてくださいね!
>>【写真付】オペラのリップティント買ってみた!色がキレイです

そう。
飲み物を飲んだり、食事をしても本当に落ちにくいからありがたい!

・・・・ですが。

落ちにくい、ということはクレンジングでも落ちにくい!ということです。

クレンジングでしっかり落とさないと、唇もどんどん色素沈着してしまいます。
それに、乾燥してカサカサになってしまったりと、きれいな唇から遠のいてしまうことに!

そこで今回は、リップティントの落とし方をご紹介します。
唇のケアもしっかりして、ぷるるんキレイな唇を保ちましょう!
(ちなみに、唇のケアは男性も必要です!)

よかったら参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

リップティントの落とし方

私は最近、無印良品のオイルタイプのクレンジングと、オイルフリーのリキッドクレンジングの2種類を使い分けています。
その2つだと、やはりリップティントの落ち具合にも差が出てきました。

その①クレンジングオイルで洗う

オイルタイプのクレンジングは、マスカラもするっと落ちたり、すすぎがスピーディーにできたりしますよね。
それは、洗浄力が強いからなんです。

私の場合も、リップティントをぬった日にクレンジングオイルで洗ったときは、すぐに落とせました。

反対に、リキッドクレンジングで洗ったときは、少し落ちにくかったです。
こちらだと、マスカラをがっつりぬった時も、あまりきれいに落とすことはできません。

やはり、ササっとリップティントを落とすには、クレンジングオイルが手っ取り早いですね。

ただ、オイルタイプのクレンジングは洗浄力が強い、ということは刺激が強くてお肌への負担も大きいのです。

【刺激が強い】

 シートタイプ

 オイルタイプ

 ジェルタイプ

 クリームタイプ

 ミルクタイプ

【刺激が弱い】

上から下にいくにつれ、刺激が弱くてお肌に優しくなります。
その分メイクは落ちにくくなるので、ナチュラルなメイクの時はクリームやミルクタイプ。
がっつりメイクの時はオイルタイプにするなど、使い分けたりするといいですね!

その②専用リムーバーを使う

クレンジングオイルはなるべく使いたくない、お肌が荒れてしまうなど、抵抗がある方はリップティントリムーバーをオススメします。

■エチュードハウス リップティントリムーバー

■MISSHA オールクリア ティントリムーバー

■So Natural リップティンティドカラークイックリムーバー

このようなリップティントリムーバーを使えば、簡単に落とせるようですよ!
一番よくないのは、落ちないからとゴシゴシこすり洗いをすること

唇がどんどん乾燥して荒れる原因になります。
ついやってしまいがちですが、しないように気をつけましょう!

スポンサーリンク

唇のケアで大事なのは保湿!

カサカサ、ガサガサな唇じゃなくて、ぷるんと潤った唇でいたいですよね!

そのためには唇もお肌と同様、”保湿”がかなり重要です。

・リップクリームを塗る
・唇パックをする
・唇を舐めない

・リップクリームを塗る

リップクリームにもいろんなタイプのものがありますよね。
香り付きだったり、色付きのものだったり。

でも、リップクリームは口から体の中に入る可能性の高いものです。
できるだけ体に優しいもののほうがいいですよね。

例えば、オーガニックのリップクリームなら体の中に入っても大丈夫!

■キールズ

■ジョンマスターオーガニック

■ウカ

■ママバター

口コミでも人気な商品をまとめてみました。

どれも保湿力がしっかりあって、リピーターも多いそうです!

ちなみに、リップクリームは横にぬりぬりっとするのではなく、縦にぬるほうが縦ジワの線に入り込んでいいそうですよ!

ガサガサひび割れたり、皮がめくれていたりしたら嫌ですよね。

痛いし、気になるし、口紅も映えません。

そうならないために、唇パックでケアするのが効果的!

唇パックの材料

・ワセリン

・はちみつ

唇パックのやり方

①ワセリンとはちみつ、同じくらいの量を唇に塗る

②真ん中に空気をあけたラップで覆って、3分ほど置く

これだけで、ふっくらとつやのあるやわらかい唇に!!

唇が荒れている方はぜひ試してみてください。

・唇を舐めない  

ガサガサ乾燥した唇って、ついつい舐めてしまいますよね(笑)

でも、これをするともっと乾燥がひどくなって悪循環!

気になるけど、舐めたりしないように気をつけましょう。  

皮も、むしってしまいたくなるところを抑えて!!

さきほどご紹介したリップクリームで保湿したり、唇パックなどでしっかりケアをして荒れがひくのを待ちましょう。

まとめ

・リップティントの落とし方は、オイルタイプのクレンジングを使うか、リップティントリムーバーを使って落とすのがベスト!

・落ちにくいからといってゴシゴシこするのはNG!

・唇のケアに必要なのは”保湿”

・リップクリームは体の中に入っても安全なオーガニックがオススメ

・ぬり方は横じゃなく縦ぬりで!

唇パックをすると、ぷるんとやわらか唇になる

こちらもどうぞ

>>【写真付】オペラのリップティント買ってみた!色がキレイです

>>アルジタルのグリーンクレイペースト使ってみた結果!

>>泥パックはニキビ予防に効果的!?ニキビ跡のない美肌への近道

《今回参考にしたもの》

正しいスキンケア辞典 監修者:吉木伸子(皮膚科医)岡部美代治(元化粧品開発者)小田真規子(栄養士)


スポンサーリンク




 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする