オーガニック豆乳チョコレート味で豆乳プリンを作ってみた!

もうすぐバレンタインですね。
今年はどんなチョコを作ろうかなぁ~といつもの製菓店をウロウロしていたら、オーガニックチョコレートコーナーを発見。

チョコレートもオーガニックのものがずいぶん増えて、需要があるんだなーと感じ、気になったので私も自分用にいくつかちゃっかり購入(笑)

オーガニックチョコレートについて調べていたら、豆乳飲料のチョコレート味を発見!
プロヴァメルの「有機JAS ドリンク オーガニック チョコレート豆乳」です。

こちらはネットで650円ほどで購入。
1Lで650円ほどと少しお高めですが、その分使われているものは体に優しいものばかりです。

豆乳が好きなので普段も豆乳を飲んでいるのですが、オーガニックでしかもチョコレート味!というのに惹かれ、買ってみました。
実際飲んでみたら「甘い!!ココアみたい!」
と真っ先に思いました。

豆乳って独特の味がしますよね。
特に無調整豆乳なんかは。
それが苦手という方も多いですが、そんな方でもおいしく飲める豆乳だと思います!
ベルギーの有機チョコレートを使っているので、もはや豆乳というよりチョコレートドリンクに近いです。

この、オーガニック豆乳飲料チョコレート味。
そのまま飲むのもいいけど、プリンにしてみたらどうかなー?と試してみたくなったので、早速作ってみました!

すごく簡単にできましたし、思った通りおいしい!
体に優しいのでお子様のちょっとしたおやつにもできたり、バレンタインのチョコの代わりにプリンのプレゼントとしても使えるのではないでしょうか?

そんなオーガニック豆乳飲料チョコレート味で作れる豆乳プリンの作り方をご紹介します!

オーガニック豆乳チョコレート味を使って、豆乳プリンを作ろう

今回、ゼラチンとルカンテンウルトラでは食感にどんな違いが出るのか試したかったので、両方作ってみました。

ゼラチンで作る場合

【材料】
・オーガニック豆乳飲料チョコレート味 300ml
・ゼラチン 10g
・水 50ml

【作り方】
①水にゼラチンを入れ混ぜて、溶かしておく
①オーガニック豆乳を鍋に入れて火にかける
②沸騰しそうになったら火を止めて、溶かしておいたゼラチンを入れて泡立たないように静かによく混ぜる
③容器に注ぐ
④粗熱がとれたら容器に入れたまま、お箸かなにかで静かにかき混ぜる(ムラができないようにするため)
⑤冷蔵庫に入れて冷やす

トロトロなめらかな豆乳プリンの出来上がり!
あまりトロトロすぎるのが嫌な方は、ゼラチンの量をもう少し増やしてもいいかなー?と思います。

あと甘味料は入れずにそのままでもチョコレート味なので甘いですが、プリンにしてはわりとさっぱりした甘さに仕上がります。
甘みが強いほうがいい!という方は、砂糖やはちみつを少し足して一緒に溶かしてみるのもいいかもしれませんね!

ルカンテンウルトラで作る場合

【材料】
・オーガニック豆乳飲料チョコレート味 300ml
・ルカンテンウルトラ 15g

【作り方】

①オーガニック豆乳飲料チョコレート味とルカンテンウルトラを鍋に入れて火にかける
②沸騰しそうになったら弱火にして1~2分ほど静かによくかき混ぜる
③容器に注ぐ
④粗熱がとれたら容器に入れたまま、お箸かなにかで静かにかき混ぜる(ムラができないようにするため)
⑤冷蔵庫に入れて冷やす

こちらはゼラチンよりも少しだけ固めに仕上がりました。
とはいえ、十分プルプルなめらかです。
”寒天”なのでけっこう固めに仕上がってしまうのかと思い、最初は5gくらいしか入れなかったのですが、それだと全然固まりませんでした!

それもそのはず。
寒天は寒天でも、ルカンテンウルトラはソフト寒天
それこそプリンやムース向きで、卵やクリームなど乳製品をよく使う洋菓子を作るのに合っているそうです。
(↑作ったあとになって知りました)

こちらは「粉あめ」がもともと入っているものなので、甘みが少し強くなりました。
なので、ルカンテンウルトラで作る場合は特に他の甘味料は必要ないのではないかな?という感じがしました。

ゼラチンと寒天の違いって?

ゼラチンの特徴

・原材料は牛や豚の骨や皮に含まれるコラーゲン(タンパク質の一種)
・弾力性があり、やわらかく、プルンとした食感
・ゼリー類、ムース類、プリン、ババロアなどによく使われる
・常温で溶ける
沸騰させてはダメ!

寒天の特徴
・原材料はテングサやオゴノリなどの海藻
・ゼラチンと比べて最も凝固力が強く、わずかな量で多くの水分を固めることができる
・弾力はなく、ほろっと崩れる食感
・食物繊維が豊富
・常温でも固まる
沸騰させることが固まるコツ

出来上がった豆乳プリンがこちら!

小さめの容器に5個くらい作ることができました。

蓋をつけると・・・

こんな感じ!

これでラッピングなども加えれば、誰かにプレゼントとしても使えます。

ちょうど家にあった空き瓶も活用してみました(笑)

ふつうのマグカップやコップなども使えますよ。

ちなみに、容器に豆乳を注いだあと、気泡がたくさん発生します。

それを放置すると

このように表面上がブツブツとした感じで固まってしまいます。

ご自宅で食べる用でしたらこれでも全然構わないと思いますが、もし人にあげる際に見栄えをよくしたい場合、アルコールをシュッ!と吹きかければあっという間に気泡は消えます。

これは、食品にも直接噴射しても安全なアルコールです。

製菓店に売ってたのを購入しました。

お値段は800円くらいです。

ネットでも販売しているので手に入れるのも簡単ですよ。

チョコレートプリンだけど、低カロリー!

チョコレートでプリンだし、カロリー高いのかな?と心配になりますよね。
ですが、思った以上に低カロリーです!

例えばプッチンプリンだと1個(110g)で157kcalです。
100gだと143kcalくらい。

今回作った豆乳プリンのカロリーを計算してみたところ・・・

オーガニック豆乳飲料チョコレート味が300ml で280kcal。
ゼラチンだと10gで35kcal。
ルカンテンウルトラだと15gでカロリーほぼなし(粉あめ分で多くみても10kcalくらい?)

ゼラチンで作った場合のカロリー

300ml(g) 約315kcal  

100ml(g)だと105kcal!!

ルカンテンウルトラで作った場合のカロリー

300ml(g) 約290kcal  

100ml(g)だと97kcal!!

このように、チョコレートプリンだけどカロリーは低いです!
しかも添加物もほとんどなく安心して食べることができます。

まとめ

オーガニック豆乳飲料チョコレート味の豆乳プリン。

健康的にも安心で、体に優しいスイーツを自分で作ってみるのも楽しいですよ!

よかったらぜひお試しくださいね!

こちらもどうぞ!

>>ヨーグルト+はちみつ+きなこを2週間食べ続けてみた効果!女性にうれしい3つの変化が!

>>ヨーグルト+大根おろし+はちみつで食べてみた!分量&作り方&結果はこちら。

>>豆乳でイソフラボンを摂取してみた結果!?私に起きた変化はこうでした。

>>ガレットの食べ方のマナーを紹介!きれいな食べ方でエレガントな女性に近づこう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする