自律神経を整えて、あなたも恋愛上手大作戦!

みなさん、恋愛されていますか?
恋をすると、胸がドキドキワクワクして、いろんなときめきを感じますよね!
特にいい恋愛をしている女性はほんとにキラキラしていてキレイ!
同じ女性として見ても、素敵だな~と思える人ばかりです。

実は、いい恋愛ができるかどうか、それも自律神経で大きく変わってくるんだそうです!
「いい恋愛=自律神経が整っている」なんて聞いてもあまりピンと来ないかもしれませんが、私自身調べていて「なるほどー!」とすごく納得してしまいました。
たくさんの女性の方に知っていただきたいと思ったので、事例も交えてわかりやすくご説明しますね!

今回のお話は、自律神経と恋愛の関係についてのお話。
名付けて、「自律神経を整えて、あなたも恋愛上手大作戦!」

スポンサーリンク

恋愛は最高の魔法。自律神経と恋愛の関係は?

まず、なぜ自律神経と恋愛が関係してくるのか疑問に思いますよね。
どうやら、自律神経が整っていれば、女性としての魅力がグングン溢れ出てくるそうなのです!
それが、自然といい恋愛につながるのだとか。

①腸がキレイだと、オーラが違う
②会話のうまさが人を惹きつける
③失恋しても、すぐ立ち直ることができる
④パートナーを出世させる

えぇぇ!?
自律神経が整うだけで、こんなに変わるの!?と目からウロコ状態です。
1つずつ詳しくご説明しますね。

①腸がキレイだと、オーラが違う

こちらの記事
>>りんごは整腸作用が抜群!お肌と健康にもいい焼きりんごの作り方

でも詳しくご説明していますが、腸内環境がキレイかどうかでお肌などの外見も変わってきます。
ストレスや乱れた食生活、極端なダイエット、タバコやお酒、様々な要因で腸内環境が乱れると、肌荒れや吹き出物が出やすくなり、表情もくすみがちになります。

それは、自律神経のバランスが崩れた結果でもあります。
外見だけでなく、心も乱れてしまいます。
ちょっとしたことでイライラしたり、くよくよ落ち込んだり・・・。
そうすると、自然と恋愛もうまくいかないそうです。

いくらトレンドのメイクやファッションを取り入れていても、魅力的には見えないのだとか!
というのも、腸と自律神経が整っていないと、直観力や観察力、判断力まで鈍ってしまって、自分に似合わないものを選んでしまったり、人に騙されやすくなるからだそうです。

せっかく「キレイになっていい恋愛をしたい!」と思っていても、自分の魅力を最大限に出せないともったいないですよね。
外見の美しさは、内面から。
まずは腸内環境を整え、自律神経のバランスを安定させることで、自然と美しいオーラが溢れ出るのではないでしょうか。

②会話のうまさが人を惹きつける

なんと、自律神経が高いレベルで整っている女性は、男心をコントロールできるそうです!
(男性にとったら、怖いお話ですね)
いわゆる”魔性の女”になるには、相手のことをきちんと観察する力が必要です。

例えば、自律神経が安定している女性と、安定していない女性とでは、会話のうまさがまったく違うそうなのです。

【テレビ番組で行われた実験】

安定している女性
相手の話をよく聞く(観察する)
相槌のタイミングや返しが上手
   ↓
相手が気持ちよく発言でき、会話が弾む

安定していない女性
相槌も発言のタイミングもあまりよくない
   ↓
会話が弾まず、白けた雰囲気に・・・。

そこで、自律神経が安定していない女性に、ゆっくり深い呼吸をしてもらい、自律神経を整えてからまた会話をしたところ、見違えるほど聞き上手に変身したのだとか!

たしかに、魔性の女といわれるような女性って、相手のことをよーく見ていて、その人が喜ぶような言葉だったり、反応ができる人が多いですよね。
これは恋愛だけでなく、人間関係を円滑にするためにも必要なスキルです。
そのスキルを得るためには、自律神経を整えることがカギになってくるようです。
ゆっくり呼吸をして、落ち着いて相手のことを観察してみましょう。

③失恋しても、すぐ立ち直ることができる

自律神経が安定している人は、自分で自分のカバーがきちんとできます。
たとえ失恋して傷ついたとしても、髪を切ってリフレッシュしたり、新しいメイクやネイル、ファッションにしてみたり、自分の心と体を大切にできるのです。
自分の生活のリズムを保つこと、これが自律神経を整えるのにも大事なことなんだそうです。

とはいえ、失恋はつらいです。
食欲がなくなったり、だれとも会いたくなくなったりしますよね。
そんな時は、思いっきり泣けばいいんです。
傷ついたんだもの、そりゃ泣きたくなるし、我慢せず泣けばいいんです。

女性って、特になにか悲しいことがあったわけでもないのになぜか泣きたくなる、そんな時があったりする人が多いですよね。
私もそのうちの1人です。
昔から、わけもわからず大号泣することがよくありました。
泣くだけ泣いたら、よくわからないけどめちゃくちゃスッキリしたことが多々。

これは自律神経が乱れていた証拠でもあるようで、大泣きすることによって乱れていた自律神経を無意識のうちに整えていたんですね。
「泣ける映画」や「泣ける本」でたまには泣くことも、自律神経を整える1つの方法なんだそうです。

ですから、失恋して傷ついたり、悲しいことがあったら大泣きしましょう!
いっぱい泣いてスッキリしたら、気持ちも清々しくなり、自然とまた笑えるようになります。
笑うと、自律神経はどんどん整いますよ!
そうすると、すぐ立ち直ることができて、新しい恋愛への可能性だって広がります。

④パートナーを出世させる

「男は社会に出て仕事」「女は家事や育児」など、昔から決めつけられた男女の役割も少しずつなくなってきていますよね。
最近では主夫だったりイクメンだったりと、男性が女性の仕事を支えてくれる家庭もあります。
どちらにせよ、パートナーが能力を発揮して活躍するには、パートナーの支えが必要不可欠です。

例えば私がいいなーと思っているのが、まーくんこと田中将大選手と里田まいさんご夫婦。
里田まいさんは、まーくんが活躍できるよう、食事などで健康面のサポートを大変しっかりされています。
「彼ががんばっているのだから、自分もがんばるのは当たり前」と、自分自身が努力して献身的に彼のサポートをする姿は、とってもキラキラ輝いてみえます。
口角が上がった素敵な笑顔をしていて、同じ女性としてあこがれを抱く方も増えたのではないでしょうか。

女性は、ホルモンバランスの関係で自律神経が乱れやすい生き物です。
だからこそ、自分自身で自律神経をしっかり整えて、まず自分が健康で笑顔でいられるようにする。
それが、パートナーである彼を支えるベースになるのだと思います。
また、女性がバリバリ仕事をするのにもやはり、自分で自律神経を高いレベルで安定させることが必要です。
パートナーを選ぶ際も、自然と一緒にいて心も体ものびのびできて楽しくなる相手、そんな方をパートナーに選ぶことがコツなのだそうですよ!

スポンサーリンク

自律神経を整えるには、生活のリズムが大事!

普段の生活の中で”ちょっとした意識”をするだけで、自律神経は変化します。

・毎日こまめに水を飲む

・1日3食、バランスのとれた食事をする

・ゆっくり深い呼吸をする

・質のいい睡眠をとる

・よく笑う

これだけでも、自律神経のバランスは安定して心と体の健康にもつながります。

恋愛上手、恋愛下手になる人の違い

自律神経が整っている人は、いい恋愛ができ、恋愛上手と言われやすい人が多いことがわかりました。

反対に、恋愛下手と言われる人ってどんな人なのでしょうか。

たとえば、恋愛依存症に陥ってしまう人。

そのような人は自分に自信がなく、いつも不安でいっぱいの人が多いです。

詳しいお話はこちらを参考にしてみてくださいね。

>>愛情不足で育った大人は恋愛でつまずく!?愛情不足にならないためには?

恋愛下手と言われる人でも、自律神経を整えることで、自分自身のことも相手のこともしっかり見つめて理解することができるのではないでしょうか。
恋愛下手と言われる人って、自分のことを大切にできていない人が多いのではないかと思うのです。

これは結婚、離婚も経験した私がたどり着いた考えなのですが(笑)

例えば私はパートナーのことを思い、ワガママは言わないように、困らせないように生きていました。
その結果、私自身が我慢することが多すぎてパンクして心と体の健康を崩してしまうことに・・・。

一方で、私の身近に存在するある女性の話ですが、その子はとーーーーってもワガママです!
自分でもそれを自覚しているらしく、「私はワガママだから、彼をいつも困らせている」と言っています。

私やまわりも「ワガママすぎるやろ!彼氏かわいそうやん!」など思わず言ってしまうほどのワガママっぷりなのですが、それでも彼はその子のことがだーーい好きなんですね。
きっとその子にはその彼しか相手にしてくれる人はいません。
ひどい言い方のようですが、本人も自覚しております。

でも、その子の素敵なところはちゃんとそれも自覚していて、彼に対して感謝を忘れないというところですね。
「ワガママな私と居てくれてありがとう」
その感謝があるだけで、彼はその子から離れられない、いわばその子も魔性の女なんですね!!

見事に今年結婚することも決まったのです(笑)

自分のことを大切にして、そんな自分を大切にしてくれるパートナーを選ぶ。

それが恋愛上手と言われる人なんだと思います。
つまり、ワガママだって言えばいいし、それでも好きで一緒にいてくれる人をパートナーに選ぶべき!
というと言い過ぎかもしれませんが、ありのままの自分も受け入れてくれる、そんな人とでなければ、ずっと一緒にいることは苦痛になります。
無理に相手に合わせようとしたり、取り繕って我慢ばかりしていてはどこかで崩れてしまいます。

まずは、自分を大切にして、ありのままの自分を受け入れる。
そんな自分を受け入れてくれる人がいたら、その人に心から感謝して大切にする。

それが、いい恋愛、パートナーとのいい関係を築くためには必要なことなのではないでしょうか。

まとめ

・自律神経が整っている人はいい恋愛ができるワケはこれ

①腸がキレイだと、オーラが違う
②会話のうまさが人を惹きつける
③失恋しても、すぐ立ち直ることができる
④パートナーを出世させる

・自律神経を整えるということは、心も体も大切にするということ

自分自身を大切にできれば、いい恋愛、いいパートナーとも巡り合える

自律神経と恋愛の関係。

関係ないようで、実はすごく関係していたんですね。

恋愛がうまくいかないな、どうしてかなーとお悩みの方。

ぜひまずは、自律神経を整えて、自分自身としっかり向き合う機会を作ってみてください!

素敵な恋愛ができるようになるかもしれませんよ。

こちらもどうぞ

>>季節の変わり目、春の体調不良。原因は自律神経の乱れ?

>>りんごは整腸作用が抜群!お肌と健康にもいい焼きりんごの作り方

>>愛情不足で育った大人は恋愛でつまずく!?愛情不足にならないためには?

>>セラミド入りプチプラ美容液!保湿されてお肌にいい変化が!

《今回参考にしたもの》

「これ」だけ意識すればきれいになる。 著者:小林弘幸(順天堂大学医学部教授)

自律神経を整える「あきらめる」健康法 著者:小林弘幸(順天堂大学医学部教授)


スポンサーリンク




 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする