アジサイを母の日に!花言葉も素敵な贈り物♪

もうすぐ母の日です!
毎年この時期になると、あちこちで”カーネーション”を見かけますよね。
母の日といえばカーネーション。

・・・でしたが、近年では他のお花も母の日の贈り物として人気になってきています。
そのひとつが”アジサイ”。

実はアジサイの花言葉も母の日にピッタリなのだとか♪
今回は、母の日に贈りたい”アジサイ”のプレゼントを探してみましたよ!

よかったら参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

 

アジサイの花言葉の由来は?

アジサイって、いろんな色のものがありますよね。

日本でよく見かけるのが青や紫のアジサイ。

最初はクリーム色をしていて、咲いてから日にちがたつと徐々に水色→青→青紫→薄いピンク色に変化していきます。

その様子はまるで”七変化”!なので、アジサイは「移り気」という花言葉があるそうです。

そのため、結婚式などで使うのは避けられていたようですが、最近はまた変わってきました。

小さな花がいくつも集まって寄り添っている。

そんな様子から「家族(一家)団欒」という花言葉が広がり、結婚式や母の日の贈り物としても選ばれるようになったのだとか!

物は言いよう、と言いますがまさにそんな感じですね(笑)

個人的にはポジティブな捉え方は大好きだし、アジサイ自体がとてもかわいいお花なので、贈り物でもらってもうれしいと思います。

そんなアジサイも、色によってそれぞれ花言葉の意味が違ってくるようです。

アジサイの色別の花言葉!

青・青紫

「冷淡」「無情」「高慢」「辛抱強い愛情」「知的」「神秘」「あなたは美しいが冷淡だ」と、こんな花言葉があるそうです。

「辛抱強い愛情」というのが母の日にもピッタリな感じがしますね!

アジサイは、梅雨の長く続く雨にもジッと耐えて美しく咲いています。

そんな忍耐強い美しさが、”母”の姿を重なり合うのでしょうか。

ピンク・赤紫

「元気な女性」という花言葉。

青系の花言葉とは全然違いますね!

暖色系は基本的に、明るさや暖かさをイメージさせられるので、同じアジサイでもピンクや赤紫になると意味合いもこれだけ変わるんですね。

一家の中でも、お母さんの存在って明るいイメージがあります。

お母さんが元気じゃないと、家の中全体の雰囲気も沈んでしまうご家庭も多いのではないでしょうか?

「元気な女性」=「お母さん」という意味でもピッタリかもしれませんね。

「寛容」「ひたむきな愛情」という花言葉。

これまた”母”にピッタリなイメージですね!

広くて優しい心。

そんなおおらかさで包み込む、という意味合いがあるのが白色のアジサイなんだそうです。

スポンサーリンク

 

こんなアジサイの贈り物はいかが?

アジサイの花言葉を知ると、母の日にもピッタリだということがわかりましたね!

毎年カーネーションばかりだったから、違うものにしたい!という方は、今年はアジサイを贈ってみるのはいかがでしょうか♪

いくつかアジサイの商品を探してみました!

押し花といえば、iPhoneを使われているお母さんへ、”押し花iPhoneケース”なんかはいかがでしょうか?

 
 
こちらのiPhoneケース、とってもかわいいんです!!
私も使っていますが、プレゼント用に買ったりする人も多いらしく、母の日の贈り物にもおすすめですよ♪
 

まとめ

 
 
今年の母の日は、アジサイを選んでみてはいかがでしょうか?
いつもと違う雰囲気で、もらう側も新鮮な気持ちになるかもしれませんよ♡
母の日の贈り物。
素敵なものが見つかるといいですね♪
 
 
こちらもどうぞ!


スポンサーリンク




 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にフォローお願いします♪