朝洗顔しないで拭き取り化粧水でもいい?肌質別全12品ご紹介!

忙しくてバタバタしがちな朝。

そんな朝から丁寧に洗顔するのって大変ですよね。

そもそも、「朝に洗顔って必要?」という声もあります。

人によっては「朝は洗顔しません」という方もいらっしゃいます。

実際、朝洗顔しないとお肌にどのような影響があるのでしょう?

例えば、洗顔ではなく拭き取り化粧水を代わりに使ったらどうか?なども調べてまとめてみました!

乾燥肌、脂性肌などそれぞれの肌質に合った洗顔料や拭き取り化粧水もご紹介します。

洗顔について理解して、ご自分に合った商品を選んでみましょう♪

スポンサーリンク

洗顔の目的をしっかり理解しよう!

まずは、なぜ洗顔する必要があるのか?洗顔の目的についてをご説明します。

肌の汚れ・皮脂・ホコリなどを取り除く

洗顔の一番の目的は、肌の汚れや皮脂、ホコリ、古い角層などを落とすことです。

クレンジングでメイクを落としたあとでも、毛穴の汚れや皮脂がまだ残っている場合があります。

それを放置しておくと、どんどん毛穴に汚れが溜まり、黒ずみやニキビなどの原因に!

なので、基本的にクレンジングと洗顔料を使ったダブル洗顔がおすすめです。

また、メイクをせずに日焼け止めですませる日も、洗顔料での洗顔が大事です。

日焼け止めに含まれるオイルなどは、水やぬるま湯だけでは落とせません。

なので、メイクをしていない日でも洗顔した方がいいでしょう。

化粧水や美容液のなじみ良くなる

皮膚に汚れや皮脂が残っている状態だと、スキンケアアイテムがお肌に入りにくい状態です。

化粧水や美容液などは、お肌の一番表面にある”角層”に潤いを与えるためのアイテムです。

なので、その角層に汚れが付着したままだと、角層への浸透が妨げられてしまいます。

そこで大事なのが、洗顔です。

洗顔で汚れなどをしっかり落とした状態で、スキンケアアイテムを使った方がより効果を得られやすくなりますよ♪

朝洗顔しないとどうなる?

ニキビやくすみなどの肌トラブルの原因に

朝起きると、顔がベタついていることってありませんか?

人は、寝ている間にたくさんの皮脂が分泌されます。

水やぬるま湯で洗顔するだけだと、汚れやホコリは落とせますが、皮脂を落とすことはできません。

なので、朝でも洗顔料を使って洗顔したほうがいいと言われています。

ただ、肌質や洗顔料の成分によっては、朝洗顔をしない方がいい場合もあります。

 

例えば乾燥肌の人は、洗浄力の強い洗顔料を使って洗顔すると、より乾燥を招いてしまいますよね。

そんな方は、Tゾーンや顎など、皮脂が多い部分だけ洗顔料を使って、頬など皮脂の少ない部分はぬるま湯だけでもOK。

また、朝洗顔をせずに、拭き取り化粧水で拭き取るだけの方がいいという場合もあります。

スポンサーリンク

朝洗顔の代わりに拭き取り化粧水を使うのは?

拭き取り化粧水は、基本的にクレンジング&洗顔後に使うことが多いでしょう。

その拭き取り化粧水を、朝洗顔の代わりに使うのはどうでしょうか?

これは、洗顔しないより断然いいと思います。

実際、朝は拭き取り化粧水で顔を拭くだけ、という方もいらっしゃいます。

先ほどもお話したように、乾燥肌の人は特に、洗顔するよりも乾燥が抑えられる可能性もあります。

というのも、拭き取り化粧水の中には、保湿しながら角質ケアができるタイプのものもあるからです。

また、脂性肌の人でも朝忙しくて洗顔料で洗顔できない!という人には、拭き取り化粧水がおすすめです♪

ただ、拭き取り化粧水を使う場合は、コットンによる摩擦でお肌に負担がかかることもあるので、ケチらずにたっぷりコットンに含ませましょう。

そして、拭く時も優しくなでるように。

拭き取り化粧水によっては、「その後の化粧水不要」というものもありますが、実際にそうしてみて、もしお肌がかさついてきたり化粧ノリが悪い場合は、普段の化粧水もした方がいいかもしれませんね。

おすすめ拭き取り化粧水&洗顔料

乾燥肌・敏感肌向け拭き取り化粧水&洗顔料

まずは、乾燥肌や敏感肌の人向けにおすすめの、拭き取り化粧水&洗顔料をご紹介します。

乾燥しやすく、刺激に弱いお肌なので、なるべくお肌に優しい成分のものをピックアップしてみました。

参考にしてみてくださいね♪

クリニーク -クラリファイングローション

クリニークの拭き取り化粧水。

これ1本で5つの働きがあります。

  1. スキンケアの浸透率アップ(角層まで)
  2. メイクのりアップ
  3. ゴワつき、ざらつきオフ
  4. キメが整い、毛穴が目立たない
  5. 透明感のあるすこやかなハリ肌

古い角質をオフして、やわらかいお肌に整えてくれます。

乾燥肌の人は、クラリファイングローション1がおすすめ。

洗浄効果のあるアルコールが使われているので、アルコールが苦手な方や敏感肌の人は、アルコールフリーのクラリファイングローション1.0がおすすめですよ。

イプサ(IPSA) – クリアアップローション 2

洗顔では落としきれない角質や毛穴の汚れを取り除くローション。

1もありますが、乾燥肌やカサつく対応の人は2がおすすめ。

「グレープシードオイル」が配合されていて、乾燥によって重層化した要らない角層をやわらかくして、その後のスキンケア化粧品のなじみをよくしてくれますよ♪

SK-II -フェイシャルトリートメントクリアローション

SK-IIベストセラーのふき取り化粧水。

ピテラ™という、特別な発酵過程で生み出された天然保湿因子が、肌本来の働きを整えてくれます。

乾燥肌だった人も、このローションを使っていたら、化粧水の入りが良くなり、保湿されるようになったとの声も!

セイヤーズ -ローズペタル ウィッチヘーゼル

セイヤーズの化粧水。

私はあまり知らない化粧品だったんですけど、成分を見ても自然素材を使ったものばかりなので良さそうかな?と思いました。

アルコールフリーなので、乾燥肌や敏感肌の人にも使いやすそうですね♪

水、 アロエベラ液汁(オーガニック)、 グリセリン、 香料、 ハマメリスエキス(オーガニック)、 センチフォリアバラ花水、 グレープフルーツ種子エキス、 クエン酸

ビフェスタ -泡洗顔 モイスト

ビフェスタの泡洗顔モイストは、プチプラなのに優秀!

ヒアルロン酸とコラーゲンの2種の保湿成分が配合されていて、洗顔後もしっとり感があります。

通常、洗顔料に多く使われているラウリン酸が含まれていないのも好印象。

その分泡立ちは劣りますが、乾燥肌や敏感肌の人は、泡立ちよりも肌への刺激が少ないほうを選んだほうがいいでしょう。

キュレル -泡洗顔料

キュレルの泡洗顔は、医薬部外品で、グリチルリチン酸2Kというニキビなどの炎症に有効な成分が含まれています。

刺激の強い成分も少ないので、敏感肌の人でも安心して使えると人気!

普通肌・脂性肌向けの拭き取り化粧水&洗顔料

次は、普通肌や脂性肌の人向けにおすすめの、拭き取り化粧水&洗顔料をご紹介します。

特に脂性肌の人は皮脂汚れをしっかり落とさないと、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

その結果、ニキビや肌荒れに繋がるので、ニキビができた時に炎症を抑えるタイプのものなども合わせてご紹介しますね♪

オードムーゲ – 薬用ローション(ふきとり化粧水)

小林製薬にオードムーゲ拭き取り化粧水は、医薬部外品です。

肌荒れやあせも、ニキビ予防に有効的な成分(イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸二カリウム)が配合されています。

皮膚をすこやかに保ってくれるので、お肌が脂っこくて悩んでいる方におすすめです。

ネイチャーコンク -薬用クリアローション

拭き取り化粧水と言えば、「ナリス化粧品」。

拭き取り化粧水を先駆けて開発し、すでに83年以上研究し続けられています。

私も初めて使った拭き取り化粧水はナリスでした!

 

そのナリス化粧品が、保湿と角質オフだけでなく、美白ケアもできるように作った拭き取り化粧水が、ネイチャーコンクの薬用クリアローションです。

こちらも医薬部外品で、有効成分にプラセンタエキス(メラニンの生成を抑えて、シミやそばかすを防ぐ)と、グリチルリチン酸ジカリウム(消炎作用)が配合されています。

 

コスパもいいし、個人的に使ってみたい商品ですね!

明色美顔水 -薬用化粧水

130年以上、明治時代から愛され続けている化粧水。

医薬部外品で、有効成分であるサリチル酸(BHA)が毛穴に詰まった角質や汚れを除去し、ホモスルファミンがアクネ菌を殺菌してくれます。

そのため、皮脂分泌の多い思春期の方に人気。

ニキビケアや毛穴引き締めにおすすめです。

ナイアード -ガスール

モロッコで古くから石けんのように使われてきたクレイ(粘土)のガス―ル。

全成分はモロッコ溶岩クレイのみ。

粘土の吸着力で肌の汚れを取り除き、クレイに含まれるミネラルでお肌を整えてくれます。

私も昔テカリがひどかった頃によく使っていました!

水に溶けるまで数分かかったり、ちょっと手間がかかるのが難点ですが、パックとしても使うことができたりするのでおすすめです♪

ALLNA ORGANIC -泥洗顔

オルナオーガニックの泥洗顔。

とにかく泡が濃密だと好評!!

もっちもちのキメ細やかな泡で優しく顔を包み、泡を毛穴に吸い付かせるイメージで洗顔するのがおすすめ。

泡が濃密だと洗浄力が強いイメージですが、オルナオーガニックの商品は敏感肌の人でも使えるような優しい成分でできています。

ラロッシュポゼ – エファクラ フォーミング クレンザー

敏感肌向け用のコスメブランドですが、ニキビができやすい普通肌~脂性肌向きの洗顔料もあります。

さっぱりタイプの洗顔料ですが、保湿成分のグリセリンも配合されているので、乾燥させることなく洗顔できます。

また、サリチル酸が古い角質を除去し、皮膚のざらつきを減らしてなめらかに整えてくれますよ♪

まとめ

朝洗顔しないと、寝ている間に溜まった皮脂汚れが落ちないままになってしまうので、黒ずみやニキビの原因になってしまいます。

しかし、朝は忙しくてゆっくり洗顔している暇がない方や、洗顔すると乾燥しやすい方には、拭き取り化粧水がおすすめです。

美肌にとって重要なのは洗顔です。

自分の肌質に合った洗顔料を選んで、毎日丁寧に洗顔してみましょうね。

この記事が参考になれば幸いです。

こちらもどうぞ

>>洗顔の温度の適温は?あなたの肌質に合った温度を知ろう!

>>泥パックはニキビ予防に効果的!?ニキビ跡のない美肌への近道


スポンサーリンク




 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にフォローお願いします♪