化粧水と乳液どっちが大事?フタをするには〇〇が最適!

「化粧水をつけたら、乳液でフタをしなきゃ!」

化粧水はほとんど水だから、乳液でフタをしないと蒸発してしまう・・・
だから、化粧水も乳液もどっちもつけるのが常識!!

私はずーっとそう思っていました。
化粧水と乳液の違いもわからず、とにかく化粧水後に乳液は絶対!
というのが当たり前になっていました。

同じように思っている方。

実は、乳液は必須アイテムではないんです!
化粧水と乳液の成分は似ているものも多くて、フタをする目的で必要なのはクリームなんだそうです。

今回は、化粧水と乳液の違いや、乾燥を防ぐためにはなにが必要なのか化粧水・乳液・クリームの正しいつけ方などを詳しくご説明します!

スポンサーリンク

実はフタに乳液は必要ない!?

化粧水よりトロっとしているけど、クリームよりはベタつかない乳液。
一体乳液ってどんなものかと言いますと・・・。

化粧水(ほぼ水)

乳液(化粧水とクリームの中間)

クリーム(水と油が半々)

化粧水の蒸発を防ぐには、油分が必要。
乳液は約50~70%の水分と、約10~20%の油分でできていて、化粧水よりは油分は多いけどほとんど水分のようなものなんですね。

なので、化粧水の蒸発を防ぐために乳液をぬったとしても防ぎきれないのだとか!
蒸発を防ぐには物足りないのです。

つまり、化粧水の蒸発を防ぐために必要なのは、乳液よりも油分の多いクリームということになります。

しかし!

フタの役割をする油分で一番最適なのは「皮脂」なんです。

皮脂の量が乾燥に影響してくる!

若い頃から30代までは皮脂の分泌量が充分にあります。
なので、きちんとした保湿ができていれば乳液やクリームも不要なのだとか!

わざわざ化粧品でフタをしなくても、健康な肌なら表面に皮脂膜があり、角質層の潤いを守ってくれるそうです。
「保湿しなきゃ!」と思って乳液やクリームをたくさんつけると、「皮脂がたくさん出ちゃってる!抑えなきゃ!」と肌が勘違いをして、皮脂の分泌を控えてしまうので、肌の内部は乾燥しがち(インナードライ)になってしまうのです。

ただ、肌バリアが弱く乾燥がちな肌や、水分とともに油分も減っていく40代からは油分の補給が必要になります。

油分補給には乳液よりクリームがいい?

化粧水や乳液は8~9割以上が水分でできています。

一方、クリームは5割程度が油分。

なので、肌の油分補給にはクリームのほうが効果的!

そのクリームを選ぶときのポイントは、主成分を確認することです。

これはクリームだけでなく、化粧品全てにおいて共通しています。

まずは、その化粧品の成分は何なのか、自分の目で確認する必要があります。

詳しくはこちらをご覧ください!

>>プチプラ化粧水は30代でもいける!おすすめはコレ!

クリームも、化粧水を選ぶ時と同様、注意することは・・・

エタノールを避けること

BG、グリセリンが主成分になっているものを選ぶこと

これがまず大事です!

エタノールは肌への刺激が大きいので、その分負担も大きく、敏感肌の方は特に肌荒れの原因になってしまいます。

なので、エタノールが入っているものは避けましょう。

また、BGグリセリン肌に優しい保湿成分です。

これらが主成分になっている化粧品を選ぶといいそうです。

化粧品の成分は配合量の多い順番に表示されています。

上位の5~6個までの成分を見れば、その商品の良し悪しがわかるといっても過言ではないようです。

ですから、成分表示の上位にBGやグリセリンが入っているかを確認して選んでみましょう。

その他にクリームを選ぶ時に注意することは、”どんなオイルが使われているか”ということ。

スクワランオイル、オリーブ油、アボカド油、馬油などの油脂系オイルは良質なのでおすすめです!

こちらも参考にしてみてくださいね。

>>鼻の黒ずみにおすすめのクレンジング!やってみたら効果大!

スポンサーリンク

化粧水、乳液、クリームをつける時のポイント

どれも大量に、つければつけるほどいい!と思っていませんか?

それは間違いです!

大量につければ効果が上がるわけではなく、むしろ肌トラブルを招く原因にもなるので、つける量やつけ方には注意が必要です。

化粧水をつける時のポイント

量・・・商品の説明に書かれている量

つけ方・・・手のひらで優しくなじませる

化粧水は特に、大量にバシャバシャとつけたほうが奥まで浸透する!なんて思いがちですよね。

これ実は、無駄!

いくらつけても、肌の表面にある角質層までしか浸透しないので、たくさんつけても意味がないんです。

なので、その商品の説明に書かれている量を目安にすればOK!

また、化粧水をつける時にコットンを使うという方法もありますが、コットンだと肌への刺激が強くなります。

同じ肌、つまり手で優しくつける方が刺激が少ないので肌への負担も少ないんですね。

あくまで、優しく!

いくらパンパン!パチパチ!とハンドプレスやハンドプッシュしても奥まで浸透することはありません。

浸透するのは角質層まで。

それに、パッティングは肌に刺激を与えてシミや黒ずみの原因になってしまうそうなのでやめましょう!

乳液をつける時のポイント

量・・・商品の説明に書かれている量

つけ方・・・両手にのばして、こすらないように頬から全体へなじませる

乳液は必須アイテムではないとお話しましたが、つけてはいけないわけではありません。

クリームほど油分はいらないけど、少しは欲しいなぁ~という時に乳液をつけるのもいいと思います。

乳液も化粧水やクリームを選ぶ時と同じように、成分に気をつけて選んでみてください。

成分にセラミドが入っているものがおすすめです!

また、テカリがちな部分はたくさんつけないようにしましょう。

すでに油分が多い部分なので、つけすぎると毛穴がふさがってニキビができる原因になってしまうので注意!

クリームをつける時のポイント

量・・・適量

つけ方・・・指にとって乾燥の気になる部分に優しくなじませる

目元や口元など、乾燥しがちな部分につけましょう。

強くこすったり擦りこんだりするのはNG!肌が傷ついてしまいます。

また、乳液同様テカリがちな部分にはつけないようにしましょう

まとめ

化粧水と乳液、どっちが大事かと言えば化粧水!

乳液は必須アイテムではない

・油分補給に必要なのは乳液よりもクリーム

・どの化粧品も、成分表示を確認して選ぶべし

・どれも大量につければいい!というわけではない

化粧品業界は化粧水をつけたらその後は乳液を!とすすめていますが、これは売上向上のための策でもあるそうです。

乳液は、必ず必要なわけではなく、まずは自分の肌質を十分に理解した上で、本当に自分に必要な化粧品はどんなものかを見極めることが大切です。

美肌になるためには、それが一番重要なことなんだと思います。

その参考にしていただけたら幸いです。

こちらもどうぞ!

>>プチプラ化粧水は30代でもいける!おすすめはコレ!

>>鼻の黒ずみにおすすめのクレンジング!やってみたら効果大!

>>泥パックはニキビ予防に効果的!?ニキビ跡のない美肌への近道

《今回参考にしたもの》

オトナ女子のための美肌図鑑 著者:かずのすけ(美容化学者)

化学者が美肌コスメを選んだら・・・ 著者:かずのすけ(美容化学者)

正しいスキンケア辞典 監修者:吉木伸子(皮膚科医)岡部美代治(元化粧品開発者)小田真規子(栄養士)


スポンサーリンク




 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にフォローお願いします♪