プチプラ化粧水は30代でもいける!おすすめはコレ!

毎日使う基礎化粧品、”化粧水”

「化粧水はたっぷりつけたほうがいい!」

「ケチらずに、バシャバシャと!」

そんな風に聞いたことはありませんか?
少なくとも私はそう聞いていたので、これでもか!ってくらいつけていました。
でもそれだと化粧水の減りが早い早い・・・(泣)

「30代だし、本当は高価な化粧水を惜しみなく使いたい」

そんな気持ちはあっても、基礎化粧品は特に毎日使う消耗品
コスメだって消耗品だし、ファッションにも食事にもお金がいる・・・。
結婚もして子育てをされているママさんたちなら、子どものことでお金がかかるから自分のことは後回し。
お肌のケアやメイクにかける時間だってない。

女性って、いくらお金と時間があっても足りないじゃないか!!

そんな嘆きもつ方に朗報です!

プチプラの化粧水でもいいものはあるんです!
しかも、べつにたっぷりバシャバシャつける必要もないんです!
お肌に良い成分が入ったものを、適量使えばOK。

今回は、お財布にも時間にも優しい、30代でも使えるおすすめのプチプラ化粧水をご紹介します。
実際に使ってみた感想もありますので、参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

化粧水をたっぷりバシャバシャは×!つけすぎは逆にNG??

これをしている方って実は多いのではないでしょうか?

顔全体がベッタベタになるまでたっぷりつけて、さらにシートマスクなんかもして保水しようとしたり。

でも、普通の化粧品はどうがんばっても肌の奥には浸透しないのだとか!!

お肌の一番表面の部分”角質層”までしか届かないようです。

角質層ってどんなところ?

肌の一番外側にある、ラップくらいの薄さの層。

古くなった角質細胞がたくさんあって、その隙間を「水分」「細胞間脂質(主にセラミド)」が埋めている。

異物の侵入などから肌を守っているところ(肌バリア)

つまり、角質層の肌バリアによって、普通の化粧品はそれ以上奥には浸透しないんですね!

いくらハンドプレスしたり、パッティングしたりしても無駄・・・ということ。

しかも、パッティングで肌を叩いてしまうと皮膚が刺激を受けます。

刺激を受けると「守らなきゃ!」とメラニンを作り出し、シミや黒ずみの原因になってしまうそうなのでやめたほうがいいようです。

また、化粧水の量も注意!

角質層にある水分やセラミドなどは化粧品で補う必要があるので、化粧水は必要なのです。

しかし先ほどお話したように、化粧品が届くのは角質層まで。

そこで余った成分は蒸発するだけなんですね。

バシャバシャと大量につけても、ある程度浸透したらあとは蒸発してしまうので、その分無駄になってしまっているということ!

また、湯船に長く入ると皮膚がふやけますよね?

これは、角質細胞の主成分「ケラチン」というものが、水分を含みすぎると弱まるからだそうです。

若くて健康な肌なら平気でも、敏感肌やある程度の年齢の方だと、化粧水の塗りすぎが続けば肌バリアがより弱まってしまう場合があるようです。

つまり、化粧水を大量につけるのはコスパ的にももったいない!

肌バリアを弱めてしまう可能性があるのでNG!なんですね。

化粧品選びのカギは成分表示に注目!

まず、お肌に良い成分、良くない成分ってどんなものか簡単にまとめてみました!

良い成分

・BG

・グリセリン

・ヒアルロン酸

・コラーゲン

・セラミド

良くない成分

・エタノール

・PG

・DPG

これはあくまでほんの一部の成分で、かなり簡単にまとめました。

化粧品の成分表示の5、6個目くらいまでを見て、どのような成分が使われているかチェックしてみましょう。

化粧水だと特に大事なのは”エタノールを避ける”こと。

エタノールはお酒の主成分ですね。

化粧水のベース成分として利用されることが多いようですが、刺激が強いです。

また、「揮発性」という特性があり、蒸発しやすく、その時一緒に周りの水分も持っていってしまうので乾燥を招きやすいそうです。

そして大事なのは”BG””グリセリン”が主成分に使われていること。

これは肌にとっても低刺激だけど保湿性が強い!

BGはさっぱり感、グリセリンはしっとり感があるので、お好みで選んでみてください。

スポンサーリンク

おすすめの化粧水をご紹介!

実際、お店でいろんな化粧水の成分をチェックしてみました。

なんと、有名ブランドの高価な化粧水でも良くない成分がたっぷり使われているものもあったのでショックを受けました・・・。

「高いほど、質がいい!」というわけではないんですね。

今回はプチプラのおすすめ化粧水をいくつかご紹介します♪

・セザンヌセラミド化粧水

・ぷるっとしずく化粧水

・ハトムギ化粧水

・セラキュアローション

・セザンヌセラミド化粧水

これは最近私が使っている化粧水です。

大容量で700円くらい?だったので、かなり安いです!

その分、成分は薄め。

めっちゃくちゃ保湿される!!とかではないものの、しっとり感はちゃんとあります。

今のところ乾燥もしないし、鼻のテカリも少しずつ改善されてきているので、私の肌には合っているのかな~?という感じです。

この化粧水のすごいところは、セラミドの中でも一番いい「ヒト型セラミド」が使われているところ。

セラミドAP、NP、EOPがそれです。

ヒト型セラミドは保湿力抜群ですが、原料が高額なので化粧品に使う際もどうしても高価になるそうですので、こんなに安い化粧水に使われているということは、入っている量も本当にわずか・・・なのかもしれません(笑)

それでも、実際使われていることに変わりはないですし、お肌にもとっても優しい化粧水でおすすめできます!

・ぷるっとしずく化粧水

ドラッグストアなんかでもよく見かける化粧水。

200mlで980円と、こちらもプチプラ!

詰め替え用もあるので、さらにリーズナブル。

美容化学のかずのすけ先生の本でも紹介されていたイチオシの化粧水です!

主成分が水、グリセリン、BGに加えてプラセンタエキスヒアルロン酸が配合されているので、保湿力に優れているのだとか。

使った感じは、水というよりジェルのような感じ!という声もあるようです。

・ハトムギ化粧水

”プチプラ化粧水と言えば、ハトムギ化粧水”が出てくるくらい、人気の商品。

Amazonや@cosmeでもレビューが多く、使っている方はたくさんいるようです。

私の妹(21歳)も現在ハトムギ化粧水を愛用中。

「めっちゃ安いのにお肌がもっちりして乾燥しない!」

と、私にも母にも勧めてきました(笑)

母(51歳)も使ってみた結果、どうやら気に入ったらしく、お風呂上りには妹の化粧水を使うようになったのだとか・・・。

しまいには祖母までハトムギ化粧水に興味を持ち出し、たまに使っている様子。

しかしある日、ハトムギ化粧水とマニキュアの除光液を間違えて顔にぬって、「なにこれ!なんかすごい臭い!」と騒いでいたのだとか(笑)

余談はさておき。

若い子から中年女性が使っても使用感がいいようです。

人気になるワケですね!

・セラキュアローション

美容化学のかずのすけ先生がプロデュースした化粧水。

その成分はセラミドが満載!!!さすがです。

肌への刺激が少なく、保湿力が高いようです。

お値段は税込3,200円と、プチプラとはいかないものの、使用目安は10滴×120日なのでわりともつかな?と。

私はローションはまだ未体験ですが、エッセンスクレンジングオイルは使っています。

これがまたすごくいい!

クレンジングオイルを良質のものにすると、肌トラブルも改善されてきました!

詳しくはこちら

>>鼻の黒ずみにおすすめのクレンジング!やってみたら効果大!

次はローションもぜひ試してみたいなと思っています。

↓商品が気になる方はこちらからどうぞ!

かずのすけプロデュース セラキュアローション

まとめ

・化粧水は量より質

・大量にバシャバシャつけても肌の奥までは浸透しないので無駄

・主成分にグリセリン、BGが使われているものを選ぶのが◎

エタノールPGDPGが使われているものは避けましょう

・プチプラ化粧水でも良いものは良い

肌への刺激や負担はなるべく避けたいもの。

特に化粧水は毎日のケアで欠かせないアイテム。

肌に優しくて良いものを使いたいですよね。

よかったらぜひ参考にしてみてください!

自分の肌に合った化粧水が見つかるといいですね♪

こちらもどうぞ!

>>鼻の黒ずみにおすすめのクレンジング!やってみたら効果大!

>>セラミド入りプチプラ美容液!保湿されてお肌にいい変化が!

>>泥パックはニキビ予防に効果的!?ニキビ跡のない美肌への近道

《今回参考にしたもの》

オトナ女子のための美肌図鑑 著者:かずのすけ(美容化学者)

化学者が美肌コスメを選んだら・・・ 著者:かずのすけ(美容化学者)

日本化粧品検定2級・3級対策テキスト 監修:一般社団法人 日本化粧品検定協会


スポンサーリンク




 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にフォローお願いします♪