ファスティング中の食べ物は!?−2kgに成功した私の実録!!

「ファスティング」という言葉は聞いたことありますか?

 プチ断食=ファスティング。

半日~3日ほど食べものは摂らずに、水や酵素ドリンクで生活し、ダイエットにも美肌作りにもかなり効果的なものです。

「おいしいもので溢れかえった今の時代で、3日も食事をおあずけなんて!!!!」
・・・と、チャレンジするには少し躊躇してしまうかもしれませんが、実際やってみると

「あら?意外と平気!そして、痩せた!?お肌もきれいになった!?」

と、実感できる可能性大です。(実際3日間体験した私の感想)
 
 

さらに、日頃当たり前のように食べていたものがこんなにもおいしいもので、普通に食事ができるって、なんてありがたいことなんだ・・・と、感謝の気持ちも芽生える、一石二鳥にも三鳥にもなるファスティング。

今回は、ファスティングの正しいやり方とファスティング中の食べ物について、実際私が試した例も交えてご紹介します!

スポンサーリンク

ファスティングの方法

80b2916e31bc53122a7337ce8c2462dd_s

①準備期間(3~5日)

「よし!明日から3日間、なにも食べないぞ!!」なんて、いきなり始めるのは危険です!!
 
準備運動なしに運動して捻挫した、アキレス腱切れた・・・など、さまざまな怪我に繋がるように、なんの準備もなしに急に体に食事を与えないのはスパルタすぎます。

ファスティング(断食)に向けて、少しずつ食事の量・種類を変えて、体内環境を整えましょう。

「マゴワヤサシイ」がキーワード

 ・・・豆類・豆腐・納豆などの大豆加工食品 良質のタンパク質、ミネラルが豊富

・・・ゴマ・ナッツなどの種実類 老化の原因となる活性酸素を防ぐ、抗酸化栄養素やミネラルが豊富

・・・ワカメ・ひじき・昆布などの海藻類 カルシウムやミネラルが豊富

・・・野菜(ほうれん草・トマト・キャベツなど) ビタミン・食物繊維などが豊富

・・・魚(とくに青魚) タンパク質やDHA・EPAなどが豊富

・・・しいたけ・えのき・しめじなどのキノコ類 ビタミンDや食物繊維が豊富で、カルシウムの吸収を助ける効果あり

・・・いも類(じゃがいも・さつまいも・里芋など) 炭水化物や食物繊維、ビタミンCなどが豊富

このような食材をベースに、内臓に負担がかかるような油ものやお肉、高タンパク質なものは控えていきましょう。
 
例えば、ハンバーグを豆腐ハンバーグに変えてみたり、お味噌汁の具をワカメ・豆腐・えのき・なめこなど体に良いもののオンパレードにしてみたりといったことでOKです!

上記に書いたことにプラスで

毎日良質な水を2リットルほど飲む

白米を玄米に変えてみる

準備期間の最終日(ファスティング実施の前日)の、夜8時以降は食事を控える 

そうすると、体内環境が断食に向けてより整いますし、なにより「いよいよファスティングをするんだ!」と気持ちの準備もできます。

食事制限・断食することへの精神的な負担も軽減され、難なくファスティングをやり遂げやすくなりますよ。

②ファスティング期(3~6日間)

6d1442e2b625ab191d8f277c20b4989c_s

ついにファスティング=断食突入です。 
何も食べなければよい、というわけではなくこまめな水分補給と、酵素ドリンクで栄養を摂取することは必須です!

③復食期(3~5日間)

87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_s

断食終了。

「やった!!!!ご飯食べれる!!」

なんて、すぐに普通の食事に戻してはいけません。
 
 
焼肉食べたい、お寿司食べたい、パスタ食べたい、ケーキ食べたい、お酒飲みたい、、、、etc
せっかくたくさんの欲求を抑え、食べ物たちからの誘惑にも負けず断食をしたんです。

すっきりきれいになった胃腸をいたわって、もう少しだけ優しくしてあげましょう!
 
 
ファスティングが終わったら、ゆっくりと準備期間にも行った「マゴワヤサシイ」の食事に戻していきましょうね。

ef4071abe474dec9742798437b2eaec9_s

私が実際に摂った食事は、復食期1、2日目はお粥や具なしのお味噌汁のみ。
 
 
それがまた、おいしいのなんの!!!!!!
食事ができるということ自体が、とても有難く感じました。
少しずつ、野菜や良質なタンパク質などを摂れるような食事に変えていき、復食期も終了です。

スポンサーリンク

ファスティング中に食べていいもの・だめなもの

thinker-28741_640

準備期間

 
 
OKなもの

・おそば

・玄米

・サラダ

・お魚(特に青魚)

3日間のメニュー例

  1日目 2日目 3日目
おそば 玄米焼きおにぎり 玄米お茶漬け
野菜あん 焼きなす きのこのお浸し
豆腐田楽 根菜の味噌汁
玄米 玄米 なめこおろしそば
鯖の煮物 焼き鮭 野菜の漬物
オクラ納豆 里芋の煮物
玄米 玄米 玄米粥
じゃがいものお焼き 豆腐ステーキ さつまいもと大豆の煮物
きのこ汁 そばサラダ

※玄米のほうが白米よりもカロリーが低く、噛みごたえがあるのでダイエット向ではありますが、正しいやり方をしないと毒素が多いのでそこまでこだわらずに白米でも大丈夫です。

私は白米大好きなので、気にせず白米でファスティングしました!

食べる量は、断食に向けて少しずつ減らしていきましょう。

そのほうが、胃が小さくなって断食中の空腹のつらさが軽減されます。

【NG!なもの】

・お肉

・揚げ物など、脂っこいもの

断食中

【OKなもの】

・水

炭酸水(砂糖が入っていないもの)

・酵素ドリンク

・カフェインが入っていない飲み物(例 ルイボスティー)

・塩 少量

炭酸水は、お腹を膨らませる効果があるので、空腹時のお助けマンになります!!

【NG!なもの】

・基本的に、OKのもの以外は食べないでおきましょう

復食期

【OKなもの】

・お粥(重湯から少しずつ普通のご飯に戻していきましょう)

・さつまいも(なるべくやわらかくしたもの)

・梅干し

・お味噌汁

・豆腐

・お吸い物

3日間のメニュー例

  1日目 2日目 3日目
玄米粥 玄米粥 玄米おにぎり
ごま塩 大豆とひじきの煮物
人参と大根の煮物 ぬか漬け
玄米粥 玄米ご飯 おそば
ごま塩 とろろいものお吸い物 青菜のごまあえ
じゃこおろし オクラ納豆
玄米ご飯 玄米ご飯
さつまいもと玄米のお粥 豆腐とわかめの味噌汁 じゃがいものお味噌汁
梅干し 切干大根 きゅうりの酢の物
いわしの生姜煮

復食期の食事の量は、まだ少量で抑えましょう。

例えば玄米粥はお茶碗少なめ1杯程度。

しばらく食事を摂っていないと、その分胃が小さくなります。

私は、自然と少量でお腹が膨らみました!!

普段だったら、腹5分目くらいの量で満腹に・・・・!

これを保てばリバウンドする可能性も低いです。

【NG!なもの】

・お肉

・甘いもの

・脂っこいもの

・辛いもの

・かたいもの

要は、精進料理のような低カロリーで胃腸への刺激の少ないもの、なおかつ栄養の豊富な素材を使ったシンプルな料理が復食期の食事に合っているということですね。

ファスティング体験の結果!

私は実際、準備期間3日間、断食3日間、復食期3日間のファスティングを行って、なんと。

体重−2㎏!!!

水分をこまめに飲んだり、酵素ドリンクを飲んだことによって便通もよくなり、「なんだか、お腹がへこんだ!?」と思ってウエストを測ってみると、なんとなんと・・・・・

ウエスト58㎝に!!!!

これには自分でも驚きました(笑)

運動は一切していないのに食事を変えるだけで、これほどまでに体に変化があるのだと実感しました。

断食中、お腹が減りすぎてつらい・・・と感じることがあります。

まとめ

ファスティングで一番つらいことは、食の誘惑

これに耐えることがじつは一番過酷なのかもしれません。

しかし、そこを乗り越えてしまえばいつの間にか”何も食べなくても平気かも?”という感覚になってきます!

(個人差はありますが・・・)

日頃食べているものが体内から排出され、体の中からスッキリとキレイになれば、自然と表面(お肌やスタイル)にも変化が現れます。

心もスッキリして、気分もよくなります。

気分がよくなる=笑顔が増える!

毎日を笑顔で過ごして、楽しく生きましょう!

こちらもどうぞ!

>>豆乳でイソフラボンを摂取してみた結果!?私に起きた変化はこうでした。

>>ヨーグルト+大根おろし+はちみつで食べてみた!分量&作り方&結果はこちら。


スポンサーリンク




 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にフォローお願いします♪